Youtubeでも検証動画を公開中

【FX自動売買EA】little busters の評価・レビュー・検証結果まとめ

このページでは、FX自動売買ソフト「little busters」のレビュー評価をします。

本当に勝てるのか?どんなロジックなのか?を徹底検証 !

実際に運用して検証します!

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

金ツッパ侍さんの無料配布EA第4弾!

little bustersってどんなの?

金ツッパ無料配布EA第4弾

2020年7月5日配布

価格は無料(IB)

金ツッパ侍作

金ツッパ侍さん

ハイクオリティなEAをツイッターで無料配布している。

ナンピンマーチン系ではなく単ポジ制のEAなので、界隈のトレーダーからも人気。

EA界隈ではかなり有名で技術力も高いと言われている。

モニグロデュランダルHYDRANGEAに続いて無料配布EA第4弾!

クオリティが高いEAを無料配布することでおなじみの金ツッパ侍さん。

今回は、第4弾ということで、ユーロ系のアノマリーEAです!

バックテスト結果

PF:1.49

年間収支

2012年から9年連続プラス収支です(2020年は途中まで)

すべての年で700pips以上の利益が出てて過去最高じゃないでしょうか。

詳しいデータ

スペック

通貨ペアEUR/USD
時間足5分足
取引時間帯14時~15時メイン
ポジ保有時間基本8時間以内
スタイルデイトレ
最大TP150
最大SL-81
ナンピンなし
マーチンなし
両建てなし
最低証拠金2万円
推奨証拠金10万円
最大ポジション数1
トレード頻度(目安)400/260
オススメ運用業者TitanFX Blade俺のEA FOREX EXCHANGE 新規口座開設 | GogoJungle

ロジック

アノマリーメイン

パッと見た感じ、東京時間お昼の逆張りかなという印象。

ロジックが2つ搭載されているデュアルロジック。

ロジック1がSL55

ロジック2がSL80の単ポジ

ロジック2は大きく勝ち大きく負ける仕様なのでロットは抑え目推奨 。

取引時間帯

取引時間はMT4時間で0~3時・8時~9時です。

日本時間で6時~9時・14~15時です。

早朝もトレードしますが、ごくわずかなので朝スキャというよりは、お昼メインです。

ポジション保有時間

約16時間以内でほぼ決済されます。

基本8時間以内のトレードで終わります。

時間と損益の関係はコチラ。

損小利大傾向なのが分かります。

運が良ければボーナスで大きく獲れます。

リスクリワードレシオ

平均利益は16pips、平均損失は-18pips

最大利益は150pips、最大損失は-81pips

リスクリワードレシオは0.85

ほぼ、1:1の損益比です。

勝率は64%

リスクリワードレシオがほぼ1で勝率64%は強いですね。

実稼働してもメンタルに優しいでしょう。

リスクリワードレシオ

「平均利益額」と「平均損失額」の比率のことです。

例えば、平均利益が10pips・平均損失が10pipsなら1.0

平均利益が10pips・平均損失が20pipsなら0.5

平均利益が20pips・平均損失が10pipsなら2

数字が大きくなるほど「損小利大」

数字が小さくなるほど「損大利小」

ということです。

Zスコア

+3.33 (信頼度0.04%)

※勝ちと負けが交互にきやすい

Zスコアって?

トレードの従属性。

正の値の場合は負けが勝ちを呼び、勝ちが負けを呼びやすい。
つまり、勝ち負けが交互に来る可能性が高いことを示しています。

負の場合は負けが負けを呼びやすく、勝ちが勝ちを呼びやすい
つまり、勝ちまたは負けが連続する可能性が高いことを示しています。

トレード頻度

1年で平均400回くらい

市場が開いているのが年260日ですから

400/260

1日に約1.53回トレードします

最大ポジションが実質1なので、体感だと1日に1~2回トレードします

トレード回数はけっこう多いですね。見てて飽きないのでソロでの稼働もできます。

停滞期間

163日

停滞期間はかなり短いです。

ここ最近はほぼ停滞せずに右肩上がりで来ています。

実際の挙動

通常パターン

アノマリートレードということで、決まった時間にエントリー・決済することが多いです。

基本的に「仲値トレード」「日中の動きの逆張り?」の2種類で成り立ちます。

勝ちパターン

仲値トレードでしょうか。

9時55分からロングでエントリー。

短時間でサクッと取ってくれています。

日本時間14時にショート。

21時前にクローズ。

時間でトレードでしょうか。

負けパターン

日中にショートするも逆にいってしまうパターン。

21時前には決済するようになっているようです。

仲値トレードと日中トレードの融合。

ドテンでエントリーするので、逆に動くと往復ビンタになる可能性も。

ボラが大きい時に往復ビンタくらうとデカく負けます…。

運用のコツ

資金管理に気を付ける

最大ポジション:1

最大ドローダウン:-349pips

最大ドローダウン率:-3.02%

上記をふまえてロット管理を行います。

0.01lotだと3490円くらいドローダウン喰らうことを考慮して、2万円につき0.01lotが安心でしょう。

リスクをとってもいい人は、1万円につき0.01lotでもいいでしょう。

IBなので海外口座で使用することになると思うのですが、レバレッジが効くので0.1lot運用でも5万円あれば十分かと思われます。

2か月連続ぶっこきで稼働停止させる

過去の月別データがコチラ。

マイナスがでかいのが-200pips。

連続マイナスはちらほら。

なので3か月連続マイナス-100pipsになったら稼働停止を検討しましょう。

もしくは最大ドローダウン目安400pipsを越えたら稼働停止を検討しましょう。

スプレッドが狭い業者を利用する

こちら、IBでの指定口座になるので、いくつかの海外業者口座になると思います。

指定される口座一覧には、XMやGEMは入っていないので、だいたいスプレッドは比較的狭いはずですが、なるべく狭く約定力が強いところを選びましょう。

フォワードテストでは「Tradeview」を使っています。

フォワードテストと同じ業者を使えば、乖離が少なくなるはずなのでいいでしょう。

TitanFXも利用者が多いです。

強いVPSを使う

できれば、VPSを使うのがベストです。

海外口座になると思うので、サーバーもロンドンやニューヨークが多いと思います。

格安海外VPS(Vutur)などを使うと、収益率がアップします。

Beeksがベストだと思いますが高いのがネックです。

最高のパフォーマンスを引き出すにはVPSが必須です。

フォワードテスト

開発者公式

▲開発者公式フォワードテスト

小野

2020年7月7日稼働開始

0.05lot

評価

導入前

SQNスコア(EA品質):5.6

SQNスコアって?

「期待値/標準偏差×√100」で計算されるシステムの品質の評価値

1.6~平均以下
2.0~平均
2.5~良い
3.0~優秀
5.1~最高
7.0~聖杯

今流行りのアノマリートレードEAですね。

ロジックが2つ搭載されているデュアルロジック仕様。

開発者さんも手がつけられないような暴れ馬らしいですが、ポテンシャルは感じるとのことです。

悪くはなさそうですが、そこまで自信はない感じですかね?

バックテストデータだけ見ると、過去最高の出来だとは思いますが、フォワードテストでも力を発揮できるのかがポイント。

実力ある金ツッパ侍さんの作品なので期待してます!

導入後

アノマリー系ということで、仲値+日中・欧州時間の逆張りみたいな感じでしょうか。

ドテンするので、勝つときも負ける時もムラが大きそうです。

特に、2回目の売りトレードはボラがでかい時間帯なので、ロット半分にしても大きく動きます。

入手方法

金ツッパ侍さんのツイッターからDMを送ってください!

※募集期間限定ですので、応募前に必ず固定ツイートなどを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です