Youtubeでも検証動画を公開中

【FX自動売買EA】AssyeGBPの評価・レビュー・検証結果まとめ

このページでは、FX自動売買ソフト「AssyeGBP」のレビュー評価をします。

本当に勝てるのか?どんなロジックなのか?を徹底検証 !

実際に運用して検証します!

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

マシンアオタロウさんとアッシェさんのコラボEA!GBP版!

AssyeGBPってどんなの?

2019年12月19日発売

定価24,800円(2020年2月現在)

EA開発者のマシンアオタロウさんが凄腕トレーダーパティシエのアッシェさんのロジックアイデアを基に作られたコラボEA。

前作「Assye」のポンド円バージョンです。

ポンド円の動きに合わせて作られており、フォワードテストの結果も好調です。

こちらも前作同様、DD期からはじまってしまったのですが、2020年に入ってからは絶好調。

一気にプラテンして右肩上がりのグラフになりました。

本家Assyeが人気ですが、こちらのAssyeGBPの方も徐々に人気になりつつあります。

順張り系のデイトレ~スイングEA

使用する時間足は1分足なのですが、トレード自体はデイトレ~スイングくらいの保有時間です(平均8時間前後)

順張り系で、トレンド方向からの押し目・戻りを狙ってトレードします。

最大ポジションも1つしかとらないので運用しやすいです。

詳しいデータ

スペック

通貨ペアGBP/JPY
時間足1分足
スタイルデイトレ
スイング
指値内部決済
逆指値買い(55)
売り(50)
内部決済あり
ナンピンなし
マーチンなし
両建てなし
国内最低証拠金3万円~
最大ポジション数1
オススメ運用業者OANDA東京サーバー
FXTF

ロジック

ボリンジャーバンド順張り

ボリンジャーバンドをトリガーにして、自分の定義上のトレンド方向に対して押し目を形成し反転すると思われるところを予測して仕掛けます。

トレンド方向は基本ロジックでフィルタリングして基本ロジックとボリンジャーバンドの指標が一致した時にだけエントリーします。

AssyeGBPではポンドの特性に合わせて、内部ロジックで利確してくれます。

利益を伸ばす考えはないので、トレールによる逆指値切り上げは行いません。

保有時間は平均4時間

ポジションの保有時間がコチラ。

Assye本家が、保有時間平均8時間だったことから、GBP版は短期決戦になります。

全体的にみてもGBP版の方が良くも悪くも早めに手じまいします。

勝率60%

勝率は60%です。

本家が63%だったので、少し下がります。

しかし、平均利益が約30pips、平均損失が約37pips、リスクリワードレシオが0.81と中々のデータなので、問題ないと思います。

取引しない時間帯

トレード時間帯です。

東京時間はトレードしないようです。

順張りタイプのためレンジになりやすい東京時間は避けているのでしょうね。

運用のコツ

オススメの業者はFXTF

開発者のマシンアオタロウさんが実際に使用してオススメの業者を教えてくれました。

それは「FXTF」です!

スプレッドがドル円で0.1円でポンド円も狭いです!

あとは、何より開発者さんが直々にオススメしてるのでココ一択ですw

FXトレードフィナンシャル 口座開設FXトレードフィナンシャル 口座開設 | GogoJungle
FXTF 口座開設をするFXトレードフィナンシャル 口座開設 | GogoJungle

資金管理に気を付ける

0.01lotで運用するなら3万円ほどから。

0.1lotで運用するなら15万円ほど用意するといいでしょう。

AssyeGBPはムラが大きいので、月間で数百pips負けることもあります。

しかし、勝つときもデカいのでトータルプラスになります。

最大損失時に耐えられるように、ロットは控え目の方が安心できます。

VPSを使う

できれば、VPSを使うのがベストです。

国内口座であれば、お名前.comのFX専用VPSでも十分パフォーマンスが上がると思います。

お金に余裕があるならBeeksなどの高級VPSを使うのがいいでしょう。

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4 | GogoJungle
【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む GogoJungle

実際の挙動

勝ちパターン

AssyeGBPは逆張り風なトレードも多いです。

一定時間になると決済されることもあります。

長期順張り・短期逆張りの本家と同じようなトレードも。

ポンド用に値幅を変えているのかリミットが広いです。

負けパターン

逆行すると中々逃げるタイミングがなくストップまでいってしまいます。

また、環境によっては決済のタイミングがずれてしまうことがあります。

このトレードも本来ならばフォワードテストだと利確できてるのですが、利確できずに狩られてしまいました。

1分足を使いますし、頻繁にエントリーするのでVPSの使用など環境は整えた方がいいです。

下げトレンドで底形成してリバったところで押し目買い。

が、下げトレンドが強くて逆行・損切り。

結果的に下げトレンドで、逆張りロングしてしまうパターンもある。

短期目線で判断するのでこういうときもある。

レンジ相場で往復ビンタを喰らうことも…。

急落・急騰した時にエントリーすることも多い。

フォワードテスト

2020年2月24日から0.02lotで稼働開始!

評価

本家Assyeは高頻度でトレードするのに対して、AssyeGBPはエントリータイミングを選んでいるような感じ。

エントリー回数が全然違います、こちらは少ないです。

長期で順張り、短期で逆張りですね。

利益もポンドに合わせて大きく獲ります。

ボラがデカい方が勝ちやすいです。

ただ、1分足トレードですので個々の環境によって成績が変わってしまう確率が高いです。

できれば、オススメの業者「FXTF」とVPSも使ってなるべく開発者環境に合わせたほうがいいです。

また、やはりトレンド転換に弱いイメージで、ボラがでかくレンジ相場の時は損失が出やすくなります。

相場によって成績が大きく変わるタイプでムラっ気があります。

安定感はありませんが、収支が上下しながら稼いでいくタイプ。

しかし、ドカンとぶっこいてしまったので残念。

相当利益を貯めておかないと一気にマイナスになってしまう。

入手方法

EA販売サイト「レッツリアル」で販売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です