Youtubeでも検証動画を公開中

【FX自動売買EA】アンビションシステム2の評価・レビュー・検証結果まとめ

このページでは、FX自動売買ソフト「アンビション2」のレビュー評価をします。

本当に勝てるのか?どんなロジックなのか?を徹底検証!

実際に運用してみた感想です。

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/キャラ.png小野

人気EAアンビションシステムの第2弾

1のロジックとはまったく異なるので、ポートフォリオも組めるゾ!

アンビション2って?

アンビションシステムの第2弾

アンビションシステム1が好評だったので2も作られたようです。

しかし、今回のシステムは前作と全く違ったロジックになっています。

1ではドル円・ユーロドルのみ取引していましたが、2では全8種類の通貨を取引します。

さらに、1では逆張りでしたが、2は順張りです。

また、指値エントリーシステムと両建て機能も搭載。

今までにないロジックでかなり珍しいタイプのEAになります。

詳しいデータ

スペック

通貨ペアUSD/JPY
EUR/USD
EUR/GBP
GBP/USD
NZD/USD
AUD/USD
USD/CHF
USD/CAD
時間足1分足
スタイルデイトレード
指値100
逆指値
ナンピンなし
マーチンなし
両建てあり
運用証拠金100万円~
推奨証拠金30万円~
最大ポジション数16

ロジック

ロジック解説

8種類の通貨を取引する。

各通貨で順張りの両建てポジションをとる。

両建てポジションで両方捕まった場合は、どちらかが解消されるまでキープされる。

1と違って長めにポジションを持つ。

損切りも大きいが利確も大きい。

ポジションを持つときは、自動的に指値エントリーしてくれる。

また指値エントリーするのだが、相場の状況によって注文キャンセルもしてくれる最新機能付き。

実際の挙動

フローチャート

勝ちパターン

ノーマル

アンビションシステム2は、基本的に順張りのポジションをとる。

逆に行くと両建てすることも多いのですが、両建てする前に利確できるパターン。

両建てしないのでそのまま利益をゲットできる。

両建て

ポジションが逆行した時でも両建てで利益を狙いに行く。

その際は、普段より少なめの利益ラインになることが多い。

ナンピン

普段は両建てでコツコツ稼ぐのだが、相場状況によってはナンピンマーチンもする。

すべて自動で判断してくれるので楽ちん。

ナンピンマーチンで利益確定できた時は、ボーナス利益となる。

アンビション1よりは取り扱い通貨が多いため、ナンピン枚数が少ない。

しかし、通貨が多いので総合ポジション数はアンビション2の方が多くなるので資金管理には十分注意しよう。

アンビション2も1と同様にピンチをチャンスにすることができる。

負けパターン

ナンピンマーチン崩壊

アンビションシステム2も1と同様ナンピンマーチンを利用するので、一番大負けするパターンが、逆行してナンピンマーチン崩壊すること。

リバウンドなしの大きなトレンドは苦手。

だいたい400~500pipsリバウンドなしで動いたら危険だ。

めったにないが、ないとは言い切れない。

天井ロング底ショート

アンビションシステム2は基本的に損切りはしない。

なので、確定損失が出ることはほとんどないが、順張りシステムのため天井ロング底ショートをすることが多く、含み損が増える。

このパターンになると実質損失が増えるが、相場が動いた時に利益確定するのでいずれは利益になる。

スワップによる損失

損切りしないのですが、それはあくまでポジションの損益単位。

スワップは考慮されていないので、長期保有によるマイナススワップがついたポジションが決済されると、結果的にマイナス収支になることがある。

がしかし、これは仕様上どうしようもないので気にしないでおこう。

評価

今までに見たことないロジックなのに驚いた。

指値エントリーしてキャンセル機能までついているのは中々ない。

順張り傾向なのでレンジが長引くと不調になり気味。

ただ、破綻する時はナンピンマーチンで逆行く時なので一方通行すぎてもダメ。

多数通貨によりリスク分散されているのは〇

しかし、取り扱い通貨が多く、ナンピンマーチンもするのでポジションが予想以上に膨らむことがある。

必ず資金管理は推奨設定にしよう。

1に比べると、含み損を抱えている時間が長く、ナンピンマーチンらしい構造。

しかし、両建てや複数通貨トレードするので、実際はそこまで含み損があるわけではない。

ポジションが多いのでドローダウンも1より多め。

必ず資金管理は慎重に安全にすること。

前述しましたが、ナンピンマーチンシステムなので破綻する時は一方通行相場の時です。

多数通貨取引するので、ポジション数とロット数・資金管理は余裕をもって行ってください。

危なくなったら入金・稼働停止するのも一つの手です。

フォワードテスト

2019年11月下旬から資金100万円で運用開始。

使用業者はBigboss。

入手方法

アンビションシステム2は販売会社AnelloさんのLINE@から購入できます。

「小野から」と言ってみてください。

お気軽にお問合せからでもいいようです。

※LINE@につながるので「小野から」で購入可能・お問い合わせだけでも大丈夫です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です