Youtubeでも検証動画を公開中

EA運用に必須!TDSの導入方法や使い方

このページでは、FX自動売買のガチEA運用に必須ともいえるTDS(Tick Data Suite)のインストール方法や基本的な使い方を教えます。

バックテストや最適化が捗ります!

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

ガチで勝ちたい方必見!

TDSってなに?

有料バックテストツール

TDS( Tick Data Suite )は、有料のバックテストツールです。

MT4標準の通常のバックテストだと、スプレッド固定でスリップページや外付け手数料などの実際にリアルでEA運用する際に発生する問題が考慮されていません。

しかし、TDSを使えば、実際の相場と同じく 、実際の相場と同じく「変動するスプレッド」や「スリッページの発生」を含めたデーターでバックテストが出来ます。

また、ヒストリカルデータの品質が99%になります(通常は最大90%)

TDSMT4標準
可変スプレッド〇可能×不可
スリップページ〇可能×不可
ヒストリカルデータ品質99%最大90%

良質なヒストリカルデータ

MT4標準のヒストリカルデータは、基本的に 各ブローカー専用のMT4からダウンロードできるものでメタクオーツ社が用意したデータとなり、正確性が高くないと言われています。

また、業者によってはデータの抜け落ちや3年などの短期間のデータしかない場合もあります。

しかし、TDSを使えばデューカスコピーをはじめとして複数の良質なヒストリカルデータを十数年分ダウンロードできます。

これにより、リアルな相場の動きに近いティックデータでバックテストができます。

リアルな相場環境を作れる

TDSを使えば、スリップページを再現したりスプレッドを変動制・スワップを再現するなどのリアルな相場環境に近いバックテストができます。

特にスプレッドを変動制にすることによって、早朝の時間帯のスプレッド拡大を考慮することができます。

海外業者の低スプレッド口座にありがちな外付け手数料も再現できます。

スイング系EAだとスワップ込みでシミュレーションもできます。

設定項目

・スプレッドの変動制

・手数料制度の再現

・スリップページの再現

・スワップの再現

・ストップレベルの設定

値段

TDSは有料ツールです。

しかも、最低でも約1万円は支払わないといけないので、そこそこ高額です。

一年更新の年プランと、1か月更新の月プラン、そして買えば永久に使える買い切りプランの3つがあります。

年プラン月プラン買い切り
183ドル97ドル499ドル
2年目以降96ドル2か月目以降10ドル

一番安い月プランであれば、最初に97ドル(約1万円前後)支払い、翌月以降は10ドル(約1000円前後)を支払います。

年プランであれば、最初に183ドル(約2万円前後)支払い、翌年以降は96ドル(約10000円前後)を支払います。

買い切りプランであれば、最初に499ドル(約5万前後)支払えば、その後は支払いをする必要がなく、永久に使えます。

お金に余裕があったり、真剣に自動売買で稼ぐことを考える人であれば、買い切りプランでもいいでしょう。

しかし、普通そんな人は少ないです💦

ですので、月プランか年プランにしておいて、長く続けられるようであれば、買い切りプランで買えばいいでしょう。

続ける自信があるか分からない人は、とりあえず月プランで買って様子を見ましょう。

途中でやめても、EA1本分と考えたら安い買い物です。

TDSには、2週間の無料体験版があるので、まずはそれを試してみてから考えましょう。

Eメールアドレスがあれば、簡単に試せます!

EAガチ勢ご愛用ツール

高性能なバックテストツール「TDS」ですが、EAガチ勢の方々で使ってない人はいないほどのご愛用ツールになっています。

さらに、開発者の方々も使っておられる人が多いです。

標準のガバガバなバックテストと、リアルな相場環境を想定したバックテスト、どちらで作られたEAを使いたいか…は考えなくてもわかると思います。

TDSを使っているから勝てるというわけではありませんが、バックテストの再現性を考えたらTDSを使って作られたEAの方が有利でしょう。

EAを買う際にも一つの目安となります。

TDSを使う開発者はそれなりに知識や技術を持っていますからね。

また、EA利用者でもガチ勢の人の中にはTDSを複数アカウント分購入して、買ったEAの最適化をする人もいます。

EA運用でさらに勝つ確率を高めることができるのが、このTDSというツールなのです。

導入方法

体験版(トライアル版)

①公式HPにアクセス

https://eareview.net/

上記URLにアクセス。

上部メニューバーの「TRIAL」をクリック。

②メールアドレスと名前を入力

名前とメールアドレスを入力します。

必要であれば、チェックマークにチェックします(TDSの最新情報がメールで着ます・年に4~5回くらい)

入力出来たら「SUBMIT」を押す。

③メールをチェック

入力したメールアドレスに上の画像のようなメールが届いているはずです。

メールアドレスが正しいかの確認ですので「Confirm my subscription」を押してください。

しばらくすると、メールがもう一通着ます。

シリアルナンバーが書いてありますので、大事に置いておいてください。

「Download」をクリックしてTDSをダウンロードします。

Downloadを押したらこの画面に飛ぶと思うので、「DOWNLOAD」を押してダウンロードします。

公式HPから直接飛んでダウンロードしてもよいです。

④インストールする

このようなアイコンでファイルがあるので、ダブルクリックして起動。

このような画面になるので「日本語(日本)」を選択して「次へ」

「次へ」

使用許諾契約書を読み、同意しますをチェック、「次へ」

さっきのメールにあったシリアルナンバーをライセンスキーにコピペ。

フォルダを選択して「次へ」インストールされます

よく分からない人はデフォルトのままで大丈夫です。

インストールされたら完了。

たった、これだけです。めちゃくちゃ簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です