Youtubeでも検証動画を公開中

MT4時間と日本時間の比較表と特徴

今回はMT4時間が日本時間で何時か分からない人のために比較表を作ってみました。

ついでに各時間の特徴もまとめてみました。

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

比較表を作ってみた!自作EAを作る時にも役立つ!

MT4時間と日本時間

MT4を使っているときに時間が表示されていると思いますが、海外FX業者とかだとデフォルトでは GMT+2などになっており、グリニッジ標準時との時差が2時間あるという意味です(FX業者によって誤差あり)

簡単に言うと、MT4は海外基準の時間を使っているので日本時間とずれているということです。

EAを作る際にも、基準となるのはMT4時間なので両方覚えておいておかないと厳しいです。

夏時間

市場時間は時期によって異なります。

冬時間と夏時間に分けられます。夏時間はサマータイムといいます

サマータイムは冬時間より1時間早く取引や経済指標の発表が行われます。

時間帯期間
ウェリントン
(ニュージーランド)
10月第1日曜日 ~ 3月第3日曜日
シドニー
(オーストラリア)
10月最終日曜日 ~ 3月最終日曜日
ロンドン
(イギリス)
3月最終日曜日 ~ 10月最終日曜日
ニューヨーク
(アメリカ)
4月第1日曜日午前2時 ~ 10月最終日曜日午前2時まで

MT4時間の調べ方

基本的には、 GMT+2 (冬時間)になっていることが多いのですが、業者によって違うことがあります。

その時は、気配値表示のタブにある時間を見てください。

それが、使っているMT4業者の時間になります。

その後、以下のサイトでGMT時間を調べます。

What is Greenwich Mean Time (GMT)?
https://greenwichmeantime.com/what-is-gmt/

MT4時間と比べてGMT時間とどれだけずれているかを見ます。

変換表

MT4時間日本時間特徴
00:0007:00朝メンテナンス
01:0008:00朝スキャ
02:0009:00東京時間
03:0010:00
04:0011:00
05:0012:00
06:0013:00
07:0014:00
08:0015:00
09:0016:00欧州時間
10:0017:00
11:0018:00
12:0019:00
13:0020:00
14:0021:00
15:0022:00NY時間
16:0023:00
17:0000:00
18:0001:00
19:0002:00
20:0003:00
21:0004:00
22:0005:00朝スキャ
23:0006:00

※基本であるGMT+2時間で計算しています。

各時間帯 特徴

朝スキャ時間

MT4時間22時~1時(日本時間でいう朝5時~8時のこと)

現在スキャルピングEAの代表ともなった朝スキャEA。

稼働する時間が朝だけということでつけられた名前ですが、5時~8時に稼働するものが多いです。

EAによっては前後する場合もあります。

また、エントリーが上記時間内なだけで、時間過ぎてもポジション持ちっぱなしということもあります。

朝メンテナンス

MT4時間0時(日本時間でいう朝7時【冬時間】のこと)

この時間帯は、値動きが薄くメンテナンスに入る業者もいくつかある。

この時間帯に動きがあることが少ないことから、逆張りスキャルピングが稼げるのである。

ただし、最近ではFX業者が対策してきておりスプレッドが広くなっている。

そのせいで、この時間帯を取引するEAはバックテストではいい結果が出やすいが、フォワードテストでは悪い結果が出るパターンがある。

ですので、この時間帯は避けて朝スキャしたいところ。

がしかし、裁量朝スキャは7時~8時にやることが多い。

東京時間

(日本時間でいう9時~15時くらいのこと)

比較的、値動きが穏やかでレンジになりやすい。

9時55分には仲値があり、それを狙ったEAも最近注目されてきている。

この時間だけトレードして逆張りするロジックも多くある。

欧州時間

(日本時間でいう16時~25時くらいのこと)

値動きが出てくる時間帯。

欧州時間で大きく動くも騙しの場合もあり注意。

NY時間

(日本時間でいう22時~7時くらいのこと)

一番市場参加者が多く、重要指標発表の時間なので値動きが大きくなる。

トレンドが発生しやすく、大きなトレンドが出たら夜中はずっとその方向に動くことも多い。

その反面、4時・5時くらいになると値動きが落ち着いてレンジになりやすいことから、朝スキャEAの中にはこの時間からエントリーするタイプのものもある。

まとめ

以上、MT4時間と日本時間の比較でした。

MT4時間0時前後は、ちょうど朝スキャEAのエントリー時間なので重要です。

スプレッドの広がりや値動きなど、自作EAを作るにあたって重要な要素がたくさんです。

また、最近は各時間帯の値動きの特徴を利用したEAも増えているので、MT4時間を正確に把握することは大事になると思います。

みなさんも特定時間帯の値動きを利用したEAを作ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です