Youtubeでも検証動画を公開中

【FX自動売買EA】Sentinelの評価・レビュー・検証結果まとめ

このページでは、FX自動売買ソフト「Sentinel」のレビュー評価をします。

本当に勝てるのか?どんなロジックなのか?を徹底検証 !

実際に運用して検証します!

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

隠れた名作!

Sentinelってどんなの?

スキャルピングEA

2018年11月6日発売

価格はすべて30,000円(発売当初)

Wealth Tech Systems株式会社作

バックテストの結果通りの運用結果を出しているのが特徴のEA。

普通はバックテスト通りにならないことも多いのですが、このEAはその乖離が少ないのが魅力的。

バックテスト結果

PF:1.64

ドローダウン:13.78%

停滞期:113日

SQN SCORE:3.21

フォワードテスト

直近は綺麗な右肩上がりですが、体感停滞期は8か月くらいあります。

ただ、そこまで右肩下がりのドローダウンになっていないのはいいですね。

年間収支

4年分のデータしかありませんが、すべてプラスです。

2018年は10月までのデータです。

詳しいデータ

スペック

通貨ペアUSD/JPY
時間足15分足
取引時間帯特定時間帯
ポジ保有時間基本16時間以内
スタイルスキャル
指値内部ロジック
逆指値80
ナンピンなし
マーチンなし
両建てなし
最低証拠金1万円
推奨証拠金10万円
最大ポジション数1
トレード頻度(目安)180/260
オススメ運用業者FOREX EXCHANGE俺のEA FOREX EXCHANGE 新規口座開設 | GogoJungle

ロジック

バックテストと同じ動作

どのようなロジックか詳しくは不明ですが、バックテストに限りなく近い動きをするそうです。

実際フォワードテストでも右肩上がりになっています。

また、13年以上の長期試験もクリアしておりマイナス年度がありません。

取引時間帯

上記画像はMT4時間なので、日本時間に直すと…

・7時~9時台

・19時~22時台

・3時~6時台

という、ちょっと変わった特定の時間帯でしかトレードしません。

時間的優位性があるということでしょう。

ポジション保有時間

こちらも少し変わっていて、ほとんどが1時間以上保有します。

そして、ほとんとが24時間以内に決済されます。

たまに数日保有することがあります。

リスクリワードレシオ

平均利益は19.7pips、平均損失は-26.7pips

最大利益は145pips、最大損失は-80pips

リスクリワードレシオは0.74

勝率は69%

ちょうどいい感じのRRですね。

コツドカでびくびくすることもなく、勝率低くてイライラすることもなさそうです。

リスクリワードレシオ

「平均利益額」と「平均損失額」の比率のことです。

例えば、平均利益が10pips・平均損失が10pipsなら1.0

平均利益が10pips・平均損失が20pipsなら0.5

平均利益が20pips・平均損失が10pipsなら2

数字が大きくなるほど「損小利大」

数字が小さくなるほど「損大利小」

ということです。

トレード頻度

1年で平均180回くらい

市場が開いているのが年260日ですから

180/260

1日に約0.7回トレードします

同じ日に2回トレードする可能性を考えると、体感だと2日に1回くらいの頻度ですね。

単体でのみ動かしていると少し物足りなく感じるかもしれません。

実際の挙動

勝ちパターン

調査中

負けパターン

調査中

運用のコツ

モード選択

SentinelはEAのモード設定を選べます。

ゴゴジャンのフォワードテストは2019年3月以降「New」モードで運用されているので、「New」にしておきましょう。

資金管理に気を付ける

最大ポジションが1なので、資金管理はしやすいと思います。

ただ、最大ドローダウンが13%ほどあるので、それに合わせたロット管理にしましょう。

推奨lotは10万円で0.1lotです。

ご自身の資金に合わせて変更しましょう。

2か月連続ぶっこきで稼働停止

2か月連続-150pipsを越えたら、優位性が無くなったとして稼働停止を考えていいかもしれません。

Sentinelは、過去-100pipsを越えた月が1回しかありません。

ですので、2か月連続でぶっこいたら稼働停止していいと思います。

マイナスも小さく運用しやすいですね。

オススメ業者を利用する

ゴゴジャン公式フォワードテストでは「外為ファイネスト」を使っています。

フォワードテストと同じ業者を使えば、乖離が少なくなるのでオススメ。

他にも、OANDAJAPANなどスプレッドの狭い国内業者がオススメです。

OANDA JAPAN 口座開設OANDA JAPAN 口座開設 | GogoJungle
OANDA JAPAN 口座開設をするOANDA JAPAN 口座開設 | GogoJungle

強いVPSを使う

できれば、VPSを使うのがベストです。

国内口座であれば、お名前.comのFX専用VPSでも十分パフォーマンスが上がると思います。

お金に余裕があるならBeeksなどの高級VPSを使うのがいいでしょう。

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4 | GogoJungle
【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む GogoJungle

フォワードテスト

ゴゴジャン


小野

準備中

評価

導入前

直近半年ほど綺麗な右肩上がりのフォワードテスト結果になっている。

肝心のロジックは不明だが、ドローダウンも少なくリカバリも速い。

停滞期間が体感で8か月ほどあるが、右肩下がりになっていないので我慢できる範囲。

RRもよくて、最大ポジション1で運用しやすいのも高評価。

バックテストの期間が短いのと、少し取引回数が少ないかなと感じるが許容範囲内。

総合的にみても一度試してみたいEAである。

入手方法

ゴゴジャンで好評発売中!

【実績1年以上】ハイポテンシャルEA【実績1年以上】ハイポテンシャルEA | GogoJungle
Sentinelを買う【実績1年以上】ハイポテンシャルEA | GogoJungle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です