Youtubeでも検証動画を公開中

【FX自動売買EA】Gauntlet003 EURUSDの評価・レビュー・検証結果まとめ

このページでは、FX自動売買ソフト「Gauntlet003 EURUSD」のレビュー評価をします。

本当に勝てるのか?どんなロジックなのか?を徹底検証 !

実際に運用して検証します!

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

スイング系の強EA!

Gauntlet003 EURUSDってどんなの?

強スイングEA

ニューヨーク時間にエントリーする利大損小スイングトレードEAニューヨーク時間にエントリーする利大損小スイングトレードEA | GogoJungle
Gauntlet003 EURUSDの商品ページニューヨーク時間にエントリーする利大損小スイングトレードEA | GogoJungle

2016年4月16日発売

価格は34,800円(発売当初)

Gold Man Cat作

Gold man catさん

数々の名作を生み出すEA開発者

時間的優位性を見つけるのが得意。

gauntletシリーズは、この003の他に「001」「002」もあるのですが、大きな違いはエントリー時間が違うことです。

しかし、003以外は成績が悪く今は販売中止となっています。

gauntletシリーズ最後の生き残りがこの「003」です。

003は長年好調で現在も右肩上がりの収支になっています。

バックテスト結果

PF:1.63

RR:1.47

SQN SCORE:4.92

年間収支

バックテストデータは6年分しかありませんでした。

2014年だけマイナスです。

しかし、直近は全て年収支でプラスと好成績です。

詳しいデータ

スペック

通貨ペアEUR/USD
時間足1時間足
取引時間帯0時~4時
ポジ保有時間1日~6日
スタイルスイング
指値400
逆指値130
ナンピンなし
マーチンなし
両建てあり
最低証拠金8万円
推奨証拠金16万円
最大ポジション数4
トレード頻度(目安)260/260
オススメ運用業者OANDA JAPANOANDA JAPAN 口座開設 | GogoJungle

ロジック

ニューヨーク時間専用EA

ニューヨーク時間に4回に分けて分割エントリーしていきます

相場の流れの判断によっては一部両建てポジションになる場合があります。

デフォルト決済はリミット、ストップ、ブレイクイーブン、内部ロジックによる途中 決済の4パターンです。

オプションとしてトレーリングストップ決済を使用することも可能です。

金曜を迎える前にポジションが決済された場合、翌日ロンドン時間に再度エントリーを 開始します。

ポジションは週またぎを行いません。

日本時間 土曜日 早朝4時にすべて決済されます。

取引時間帯

取引時間は、日本時間で0時~翌4時台(冬時間)です。

ニューヨーク時間のみしかエントリーしません。

曜日別の損益グラフです。

月曜日がほとんどを占めています。

これは、月曜日のニューヨーク時間にエントリーしていき、最大ポジション4に達したらあとはエントリーできないのでこうなるのかと思います。

ポジション保有時間

基本的に数日持ちます。

大きく動けばその日のうちに決済されることもあります。

週末持越しはしないので、土曜日早朝に必ず決済されます。

時間と損益関係表がコチラ。

月曜にエントリーして、金曜を迎える前にポジションが決済されたら、翌日ロンドン時間に再度エントリーするという性質上、面白い形になっています。

リスクリワードレシオ

平均利益は125pips、平均損失は-85pips

最大利益は400pips、最大損失は-130pips

リスクリワードレシオは1.47

利大損小ですね。

勝率は53%

RRを考えると50%越えるだけすごいです。

リスクリワードレシオ

「平均利益額」と「平均損失額」の比率のことです。

例えば、平均利益が10pips・平均損失が10pipsなら1.0

平均利益が10pips・平均損失が20pipsなら0.5

平均利益が20pips・平均損失が10pipsなら2

数字が大きくなるほど「損小利大」

数字が小さくなるほど「損大利小」

ということです。

Zスコア

-22.53 (信頼度99.9%)

※連勝しやすく連敗しやすい

Zスコアって?

トレードの従属性。

正の値の場合は負けが勝ちを呼び、勝ちが負けを呼びやすい。
つまり、勝ち負けが交互に来る可能性が高いことを示しています。

負の場合は負けが負けを呼びやすく、勝ちが勝ちを呼びやすい
つまり、勝ちまたは負けが連続する可能性が高いことを示しています。

トレード頻度

1年で平均260回くらい

市場が開いているのが年260日ですから

260/260

1日に約1回トレードします

最大ポジションが4ですが、大体が月曜日にポジションを最大まで持つので、体感的にはエントリーは多くありません。

ただポジションは常に持ってることがほとんどなので、見ていて飽きません。

ソロでの稼働もできるでしょう。

停滞期間

193日

バックテスト上では停滞期間は193日。

短い方ですね。

スイング系なのでドローダウンpips数は大きくなりますが、期間としては短いのでいいと思います。

実際の挙動

通常モード

調査中

勝ちパターン

調査中

負けパターン

調査中

運用のコツ

資金管理に気を付ける

最大ポジション:4

最大ドローダウン:-3569pips

最大ドローダウン率:-1692%

上記をふまえてロット管理を行います。

0.01lotだと15000円くらいドローダウン喰らうことを考慮して、8万円につき0.01lotが安心でしょう。

リスクをとってもいい人は、6万円につき0.01lotでもいいでしょう。

最大ポジションが4つあり、最大ストップも100pipsあるので、資金を普段より多めに入れておきましょう。

もしくは、ロットを控え目にしてください。

-2000pipsぶっこきで稼働停止

過去の月別データがコチラ。

月間-1500pipsは時々あるので、それくらいの負けは覚悟してください。

最大4ポジあるので、1ポジ制EAで換算すると-400pipsくらいですね。

その代わり、勝つ時もそれくらい大きく勝ってくれます。

月間-2000pipsを越えたら稼働停止を考えます。

また、半年以上大きなマイナスが続いても稼働停止を考えます。

過去に5か月間ほど不調が続いた時期があるので、それを更新したらですね。

オススメ業者を利用する

ゴゴジャン公式フォワードテストでは「???」を使っています(なぜか表示されていませんでした)

フォワードテストと同じ業者を使えば、乖離が少なくなるのでオススメ。

なのですが、分かりません。ただ、口コミを見てみると「OANDAJAPAN」でトレードしている人が多いようでした。

OANDA JAPAN 口座開設OANDA JAPAN 口座開設 | GogoJungle
OANDA JAPAN 口座開設をするOANDA JAPAN 口座開設 | GogoJungle

強いVPSを使う

できれば、VPSを使うのがベストです。

国内口座であれば、お名前.comのFX専用VPSでも十分パフォーマンスが上がると思います。

お金に余裕があるならBeeksなどの高級VPSを使うのがいいでしょう。

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4 | GogoJungle
【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む GogoJungle

フォワードテスト

ゴゴジャン

小野

未稼働

評価

導入前

SQNスコア(EA品質):4.92

SQNスコアって?

「期待値/標準偏差×√100」で計算されるシステムの品質の評価値

1.6~平均以下
2.0~平均
2.5~良い
3.0~優秀
5.1~最高
7.0~聖杯

長期フォワードテスト良好です。

スイング系にしては最大SLが130pipsとタイトなので安心できます。

利大損小で週またぎしないので、週末リスクを回避できるのも高評価。

ドローダウンが大きくなりがちなので、ロット管理だけに気を付ければ面白いEAだと思います。

トレンド系・逆張り系どちらとも違うイメージなので、ポートフォリオにも組みやすいと思います。

導入後

未導入

入手方法

ゴゴジャンで好評発売中!

ニューヨーク時間にエントリーする利大損小スイングトレードEAニューヨーク時間にエントリーする利大損小スイングトレードEA | GogoJungle
Gauntlet003 EURUSDニューヨーク時間にエントリーする利大損小スイングトレードEA | GogoJungle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です