Youtubeでも検証動画を公開中

FX自動売買にオススメのVPS

FXの自動売買に欠かせない要素の一つがVPS。

どのVPSを使うかで収支が全然違います。

本気で自動売買で勝ちたかったらVPSにもこだわりましょう。

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

ガチトレさんはVPSのこだわりもすごい!

VPSって何?

仮想パソコン

VPSとは「Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)」の略称であり、一般的には「仮想専用サーバー」と言われます。

簡単に言えばサーバー上に仮想のパソコンをもう一つ置くみたいな感じです。

自動売買をするにはMT4を起動させっぱなしにしないといけません。

しかし、実際にはパソコンを24時間つけっぱなしにできる人は少ないと思います。

ですので、VPSを使って仮想のパソコンを立ち上げてそこでMT4をインストールして動かします。

そうすれば、自分の自宅パソコンを24時間つけっぱなしにする必要がなくなります。

VPSのメリット

メリット

  • 取引速度が速くなる
  • PCをつけっぱなしにしなくていい
  • 停電などになっても大丈夫

VPSを使わないのであれば、パソコンをつけっぱなしにしないといけません。

電気代とかもかかりますし、パソコンへの負荷や停電のリスクなどを考えるとVPSを使うのが無難です。

また、国内業者のサーバーでも自宅のPCよりVPSを使った方が取引速度が速いです(僕の場合)

VPSのデメリット

VPSを使うことでデメリットはあまりありませんが、費用がかかってしまいます。

安ければ月1000円くらい。

高ければ月5000円くらい。

使う業者によって値段はピンキリです。

VPSが違うだけで収支が3割減

FX業者のサーバーとVPSサーバーが近ければ近いほど通信速度が速くなります。

で、通信速度が速くなれば取引も速くなり有利な値でトレードできます。

この差が、同じ業者で同じEAを動かしていても収支を変えるのです。

とあるEA開発者の人は、VPSが違うだけで収支が3割変わると言っています。

ですので、本気で自動売買で勝つためにはVPS利用と選択が必要なのです。

速度にこだわるべきEA

スキャルピング系のEAは特にVPSにこだわったほうがいいでしょう。

有利なレートで入るために1秒以下の世界になります。

逆に、ナンピン系やスイング系などの大きな時間足を使ったりするEAの場合は影響は少ないですが、それでも取引速度が速いほうがいい成績になるでしょう。

オススメのVPS業者

初心者向け

本当にいいVPSを使うのであれば後述するBeeksが現状一番いいと言われているのですが、海外VPSなので使いにくかったりサポートに不安があります。

まだそこまでこだわる必要がない人は国内VPSでも十分だと思います。

特に、OANDA(東京サーバー)やFXTFなどの国内口座であれば、国内VPSでも一桁ms出ます。

慣れてきたり、サーバーの場所が遠い海外業者を使う人は、ロケーションを選べる海外VPSにしましょう。

お名前.com

メモリ2GB・SSD100GB・vCPU3コア・MT4を3つ動かせて月額1,450円で利用できます。

FXのためのプランなので、オアンダや外為ファイネスト・TAITANFXなど一部の業者のMT4はすでにインストールされていて設定いらず。

もちろん、自分でもMT4をインストールできます。

さくらVPSから乗り換えました。

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4 | GogoJungle
【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウドに申し込む GogoJungle

上級者向け

海外FX業者を使っている人は海外VPSがオススメです。

サーバーの場所がロンドンやニューヨークにあることが多いので、国内VPSだと通信速度が遅いです。

英語サイトですがグーグル翻訳や利用方法をググれば簡単にできます。

普通にやるより速度が100倍くらい変わるので収支も変わると思います。

Beeks

現状最強VPSと言われるのがBeeks。

サーバーダウンする可能性が極めて低いエクイニクスのサーバーを使用。

通信速度が最速で1msで接続する環境を提供してくれる。

ガチ勢御用達だが、料金が高いのがデメリット。

料金は最安値のブロンズでも月額4,750円かかります。

他のVPSと比べても高い…しかし質は高い!

OANDAJAPANの口座を持っているのであれば、タイアップキャンペーンから本来8,550円のプランを月額1,700円で借りることができる。

国内口座を持っているなら利用しない手はない。

このためだけにOANDAに口座開設する人もいる。

サポートは?

オアンダとBEEKSのVPSキャンペーンでうまく契約できなかった時にサポートに問い合わせましたが、返信の速度はまあまあ速かったです。

解決するまでに数日かかりましたが、一応解決するまでサポートしてくれたので中々いいんじゃないでしょうか。

基本的に英語のサイトだけど、日本語サポートあるのはGOOD!

Metatrader公式

MT4から直接VPSを契約することができます。

自動的にサーバーに近い場所をチョイスしてくれて、値段も月10ドルと安いです。

しかし、一つのMT4ごとに契約しないといけません。

口座が少なく、お試しで簡単にVPSを使いたい人にオススメ。

※使ったことはない

Vultur

コスパがいいとツイッターなどのSNSで話題になっている海外VPS。

分かりやすい管理画面で英語が分からない人でも使いやすいのがいいところ。

※まだ使ったことないのでSNSの評価を基に言ってるW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です