Youtubeでも検証動画を公開中

【FX自動売買EA】BF Scalper EAの評価・レビュー・検証結果まとめ

このページでは、FX自動売買ソフト「 BF Scalper EA (BFS)」のレビュー評価をします。

本当に勝てるのか?どんなロジックなのか?を徹底検証 !

実際に運用して検証します!

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png小野

海外のフリーEAだけど強い!(らしい)

BF Scalper EA って?

海外製の人気EA

MT4の開発元MetaQuotesが運営するMQL5で無料配布されているEA。

通称BFSと呼ばれます。

海外EAとして有名な「WallStreet FOREX Robot(WSFR)」を提供している開発チームが無料出品しています。

2020年時点でレビュー75件・コメント725件と話題のEAになっています。

日本でも2018年頃かなり注目されて使い始めた人が多くいました。

しかし、その後の報告がないのでどうなったのか分かりませんが、バックテストしてみた感じ負けてはなさそうな感じがしたので、稼働させてみようと思いました。

※2020年2月検証中止

朝スキャEA

日本時間早朝にトレードする朝スキャタイプのEAです。

この手のEAは業者選びが肝心なので、完全無料で口座縛りなしで配布してくれるのはありがたいですね。

勝率も75%前後、トレード時間もだいたい8時間ほどで決済してくれるので短期トレードになります(まれに持ち越すことがある)

FREE版とPRO版がある

FREE版の他に147ドルでプロ版も販売されています。

たまにキャンペーンで97ドルに値下げされていることもあります。

一番違うところは、フリー版だとロットが0.01しか張れないということです。

他にも、ニュースフィルターやボラティリティフィルター・金曜日全決済システムなど、強力なオプション機能がついています。

フリー版だと、設定できる項目が限られています。

TPやSLは変更できるので自分でカスタマイズするのも面白いです。

詳しいデータ

スペック

通貨ペアGBP/USD
EUR/USD
EUR/CHF
EUR/AUD
GBP/CAD
USD/CAD
USD/CHF
USD/JPY
時間足15分足
スタイルスキャルピング
指値10前後(内部決済)
逆指値60前後(内部決済)
ナンピンなし
マーチンなし
両建てなし
運用証拠金5万円~
推奨証拠金10万円~
最大ポジション数
運用業者TitanFX blade口座

ロジック

通貨によって成績やデータが変わると思いますがGBP/USDの場合で語っています。

独自のバックテストデータなので、公式のバックテストとは少し数値が違います。

MT4時間23時~0時台の朝スキャ

MT4時間0時台の朝スキャは他にもよく見ますが、BFSはMT4時間23時(日本冬時間6時)にもトレードします。

0時台の方が成績いいですが、23時台もプラスになっています。

リスクリワードは1:2くらい。

平均6pips利益に対して、平均10pipsの損失。

それでいて勝率73%なので悪くないと思います。

金曜日の成績がいい。

金曜日の成績が一番いいです。

長期間のバックテストでもそうなるので何か秘密があるのかも…?

他のMT4時間0時台にトレードするEAは、月曜日に成績がいい場合が多いのですがBFSは逆に月曜日があまり調子よくないです。

上の画像はバックテスト期間が短いので少し極端な結果になっていますが、長い時間バックテストしても月曜日はそこまで成績よくないです。

運用のコツ

通貨ペアを絞る

BFSは8種類の通貨ペアに対応しています。

すべて稼働させるのもいいですが、よりパフォーマンスがいいもののみ動かすことでよりいい成績にすることができます。

面倒なので画像などを貼るのは割愛しますが、結果から言うと

GBP/USD・EUR/CHF・USD/CAD・USD/CHFを動かそうと思います。

独自のデータ分析の結果、これらの通貨ペアがよさそうだと判断しました。

ただ、あくまでも僕の個人的なチョイスなので、みなさんも一度バックテストしてみてどれがよさそうか見てみてください(^_-)-☆

月曜日の稼働を停止する

月曜日の成績が悪い気がします。

月曜朝はスプレッドも広がりやすいので、バックテストの結果も悪いのなら稼働停止してもいいかもしれません。

もしくは、月曜日の成績がいい朝スキャを一緒に稼働させるとリスク分散になりいいかもしれないです。

取引業者とVPSを選ぶ

朝スキャなので、業者選びやVPS選びには気を付けましょう。

国内業者の方がベターかなと思います。

稼働停止は2か月連続ぶっこき

過去のデータを見ると、通貨にもよりますが2か月連続でぶっこいる時はありません。

ですので、その時が稼働停止させるときです。

もしくは、一か月でも特に大きなファンダ要素なくて大きく負けてしまったのなら、使うFX業者やVPSが悪いのかもしれません💦

見直すことをオススメします。

推奨資金は10万円~

FREE版はロットが0.01までしか張れません。

それでも、8種類すべて稼働させるなら、最大0.08lotにまで膨らむ可能性があるので10万円くらいあれば余裕もてます。

実際は、そこまでポジション持たないでしょうからもう少し少なくてもいいかもしれません。

海外業者なら5万円でも大丈夫だと思います。

資金管理はご自身の資金状況に合わせて慎重にお願いします。

実際の挙動

勝ちパターン

いつも10pips前後の利益確定するパターン。

プラマイ0付近で逃げるパターンも多い。

負けパターン

いつもなら逃げ足も速いBFSですが、1mmのリバウンドすらない時は逆行しても持ち続けます。

最大ストップロスの55pipsまでやられる可能性があります。

ロット管理でも耐えられるように調整しましょう。

フォワードテスト

2020年1月20日から稼働開始(同年2月に稼働停止)

0.01lotで運用。

集計期間収支獲得pips
2020年1月4週+82+27.6
2020年2月3週+84+11
2020年2月2週+62+6.9
2020年2月1週-629-57.7
2020年1月5週-251-8.8

評価

成績自体はめちゃ悪いわけではなかったですが、ブローカーとの相性が悪かったのか、スプレッドの拡がりで誤って短時間で何回もトレードしてしまう事象が発覚。

また、コツドカ臭が強くて稼働させ続けるのは不安だなと感じました。

これを動かすくらいなら、同じ朝スキャの「Nostalgia」を動かした方がいいと思いました。

金曜のクローズ間際にもトレードするので、手動で止めないといけなかったのも面倒でした。

有料版で色々カスタマイズすれば使えるのかもしれませんが、そこまでするは面倒なのでやめました。

入手方法

MQL5にて無料ダウンロードできます。

まずは、MQL5にアクセス。

右上の「Sign up」を押して新規登録します。

新規登録画面で以下を設定します。

  • ログインIDを設定する
  • メールアドレスを入力する

ログインIDは任意ですが、半角英数字で入力する必要があります。日本語は利用できません。また、登録者数が多いためIDがカブる可能性もあります。

できたら、「Register」を押します。

登録メールアドレスにログインIDとパスワードが届きます。

https://www.mql5.com/en/market/product/28919

BF Scalper EAのページにアクセスして、左側の赤枠内の「Download」を押す。

ログインできていない場合は、先にログインしておきます。

MT4をインストールしていますか?

と聞かれるので、左側の「Yes, I have metatrader4」を押す。

プログラムを起動と出るので、「MetaTrader」を選択します。

すると勝手にMT4が起動して自動的にインストールされるので、左側のナビゲーターを更新して確認してください。

できてない場合は、MT4側でログインしてください。

また、BFSにはオススメ設定ファイルも用意してくれています。

https://www.mql5.com/en/blogs/post/717667

上のURLにアクセスして下の方に進むと、setファイルがあるのでクリックすればダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です